*ウイルス対策

腸内環境を整えることができる乳酸菌

普段あまり意識していませんが、腸というのは摂取した食べ物などの栄養素を吸収させるという大きな役割を持っています。
この吸収する栄養素によって血液の質なども決まってくるのですから、腸という部分はとても重要な器官ということが理解できます。
また腸内では体内で悪さをする最近やウイルスなどを除外するという作業も行っています。
腸内環境が乱れると、ウイルスや細菌類にも弱くなってしまうのです。

腸内の環境をよくするためには悪玉菌よりも善玉菌が優位に立っているということが必要となります。
善玉菌は免疫力を高め、感染を予防しビタミンの合成をおこなったり消化吸収をサポートしたり、腸の蠕動運動を促進する等の働きを持っています。
悪玉菌が優位に立っていると腸内腐敗を起こしたり、腸内にガスを発生させる、毒素や発がん物質を生産する等いいことはないのです。

腸内環境を整えるキーマンとなっているのが善玉菌です。
善玉菌の代表者というと乳酸菌があります。
乳酸菌などの善玉菌が優位に立っていると、腸内に善玉菌と悪玉菌と共に暮らす日和見菌もいい方向に傾きます。
乳酸菌ではなく逆に悪玉菌が優位になっている腸内では悪い方向に働いてしまうのです。

腸内細菌に善玉菌が多ければ免疫力も高まり、細菌やウイルスにも強い体になります
腸内環境が良くなれば、栄養素を効率よく吸収でき、質の高い血液ができるのです。
血液は全身を巡っていますので、血液の質が良くなればその他の臓器、また肌などのトラブルもなくなっていきます