*ウイルス対策

乳酸菌の菌の仕組み

乳酸菌は体にいい、でも近年、乳酸菌が脚光を浴びたのは「インフルエンザ予防になる」ということでしょう。
そのインフルエンザ予防で品切れ状態を作り出した商品に含まれている乳酸菌が1073R-1です。
ブルガリア菌の一種で「ラクトバチルス・ブルガリクス」といいます。
ウイルスを撃退するNK細胞と愛称が良く、整腸作用と共に免疫力をアップしてくれます。

すぐきという野菜の漬け物から発見されたラブレ菌は「ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス」という菌で1073R-1同様、生きたまま腸に届くという菌です。
乳酸菌シロタ株は乳酸菌の中で最もよく知られているもので、みなさんが小さい頃からよく飲んできたヤクルトに含まれています。
「ラクトバチルス・ガゼイ・シロタ株」という菌ですが、ヤクルト菌と呼ばれることもあります。
腸内環境を整え健康に良い効果をもたらす菌です。

余り聞きなれない乳酸菌かもしれませんが、T.ハロフィルスは知っておいてほしい乳酸菌です。
「テトラジェノコッカス・ハロフィルス」という菌で耐塩性が高く日本の食品ではお味噌に豊富な菌です。
このT.ハロフィルス菌を知っておいてほしい理由は発がん抑制効果があるのではないかといわれているからです。
お味噌汁を飲む回数が多いほど、「胃がん死亡率」が低い、という報告があります。
特にお味噌の熟成度が高く発酵が促進されているものほど、効果があるといわれています。