*ウイルス対策

プラズマ乳酸菌の詳細

インフルエンザウイルスが猛威を振るう季節になると、ヨーグルトを食べる人が多くなります。
R-1などのヨーグルトが体の免疫力を高め、インフルエンザにかかりにくくなる、またかかっても症状が大きく悪化しないといわれ、特に幼児やご高齢者は積極的に摂取するようにと言われます。

ウイルスなどから体を守ってくれる免疫力を高めるとして最近よく聞くようになったのがプラズマ乳酸菌です。
体内にはもともとウイルスを戦うための免疫を操るpDCという物質が存在しています。
正式名称はプラズマサイトイド樹状細胞といいますが、このpDCが免疫細胞に「体内に進入したウイルスを排除しろ!」と命令を下し、そこで初めて抗ウイルス物質が分泌され、ウイルスを排除してくれるのです。

このpDCはウイルスなどの外敵がいない状態では、眠っているような状態になっているため、常に起きているような状態、つまりpDCを活性化しておくことが、ウイルスに強い体を作りだすという事になります。
この活性化の力を持っているのがプラズマ乳酸菌なんです。

プラズマ乳酸菌がpDC を活性化すると常に敵が体内に入ってくるのを警戒するようになり、また細胞を強くするという効果もあるため、ウイルスに負けない体を作ってくれるのです。
この乳酸菌は特別に作られたというものではなく、もともと自然界に存在するものですが研究者の努力によってこの力が判明し、商品に利用されるようになってきているのです。