*ウイルス対策

おなかの調子を乳酸菌で調整

体内にはいい菌も悪い菌も存在しています。
いい菌の代表格が善玉菌と呼ばれる乳酸菌です。
最近はアトピーなどに効果がある、ウイルスに強い体になるなど乳酸菌の効果が多くの方に知られるようになってきています。

腸まで生きたまま届く乳酸菌を継続的に摂取すると、乳酸菌は腸内環境をよくし、悪玉菌を抑制します。
腸内環境が良くなると血液の流れもよくなり、腸の蠕動運動も活発に行われるようになり、便秘などへも効果があります。

食べ物を摂取すると下痢をしたり、便秘になったりするという方の中で、腸の病気などがない場合、お腹の中の菌類のバランスが崩れていることが考えられます。
善玉菌よりも悪玉菌が優位になってしまうと、下痢や便秘の元となるので、常に善玉菌が優位な状態を作り出すことがポイントです。
そのためには、腸まで届く良質な乳酸菌を継続的に摂取するという事が大切です。

乳酸菌などの善玉菌が腸内で生き続けることで腸内環境が良くなり、毒素や老廃物が血液に乗って流れることもなくなり、肌荒れなどにも効果が出てきます。
おなかの調子を調整してくれる乳酸菌は健康的に生きるために必要不可欠な物であり、おなかの調子が良くなることは、血液やほかの臓器にも関係するのだという事を理解しておきましょう。