*ウイルス対策

風邪にも有効な乳酸菌

まったく風邪をひかない、もし引いたとしても悪化せず完治する人もいれば、風邪をひきやすくいつまでもぐずぐずと症状が出るという方もいます。
風邪をもらいやすい体質なんて言う方もしますが、実は風邪をひきやすい人は腸内環境が悪くなっている場合が多いんです。

腸内には100種類を超え、100兆個とも言われる腸内細菌が滞在しています。
この菌類は体にとって必要不可欠なもので、この菌類がいるからこそ、食べ物を分解、吸収できます。
腸内細菌はよい菌もいれば悪い菌もいて、このバランスがうまく取れている状態が腸内環境の整っている状態といえます。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けられるのですが、善玉菌が多い状態であれば日和見菌もいい方向に働き、善玉菌が多い状態だと日和見菌も悪い方向に働きます。
食べ物を吸収し栄養素を全身に送り、免疫力をぐっと高くするためには常に善玉菌が優位な状態にあることが望ましいのです。
ここで注目されるのが善玉菌を優位に導く乳酸菌です。

乳酸菌も善玉菌の1種ですが、乳酸菌が腸内に多くなることで蠕動運動を促進し、栄養素をしっかり吸収できるようになります。
蠕動運動がしっかりできて、腸内がいい状態になると、質の高い血液が全身を巡り、臓器や心臓、また細胞も元気になります。
体内の様々な器官が元気であること、それが免疫機能を高めることになるのです。

風邪をひきやすい人はこの免疫力が落ちていることが考えられます。
乳酸菌は1日摂取するだけでは腸内に残りません。
継続的に乳酸菌食品を摂取http://lacticacid-bacterium.com/fed1.htmlし、腸内環境を整えることが重要なのです。