*ウイルス対策

インフルエンザも予防を乳酸菌で対応

インフルエンザが猛威を振るう季節になると、R-1ヨーグルトなどが飛ぶように売れ、スーパーなどで売り切れが続出します。
インフルエンザになると高熱、悪寒、だるさ、のどの痛みなど、普通の風邪とはまた違う急激な症状に見舞われますし、周りの人に感染させてしまう可能性もあるので、仕事に行くことができないなど、生活に大きな支障をきたします。
ご高齢者や小さいお子さんは体力も免疫力も低いので、インフルエンザ脳症など重症化する危険性もある怖いウイルスです。
かからないに越したことはありません。

インフルエンザ予防に効果的とされるヨーグルトですが、なぜインフルエンザ予防になるのかというと、ヨーグルトに含まれる乳酸菌には体の免疫力を高めてくれる効果があるのです。
特に、1073R-1やラブレ菌などはナチュラルキラー細胞「NK細胞」の働きを強め、予防、また体内に侵入してしまった場合でも、症状を軽くするなどの効果が認められています。

乳酸菌は、プラズマサイトイド樹上細胞、「pDC」という免疫細胞に指令を出す細胞の働きを強める働きを持っているとし、この乳酸菌の事をプラズマ乳酸菌と呼んでいます。
乳酸菌によってウイルスや細菌の侵入を防御してくれるNK細胞やT細胞、後退を作り病原体を攻撃するB細胞、また普通の細胞も防御機能を高めてくれるという研究結果が出ています。
インフルエンザの猛威が始まる前から、毎日積極的に生きたまま腸に届くR-1やラブレ菌などの乳酸菌配合の食品を摂取し、ウイルスの侵入を予防していきましょう。