*ウイルス対策

乳酸菌の動物性と植物性

便秘解消、インフルエンザ予防、アレルギー症状の改善・・・乳酸菌が齎す健康効果はたくさんあり、今注目されています。
一口に乳酸菌といっても実は動物性と植物性があり、それぞれに働きがあり相違点もあります。
そこを理解しておきましょう。

まず動物性ですが、牛乳などに含まれています。
ヨーグルト、チーズ等、乳酸菌が豊富な食べ物として私たちが一番よく知っているのが動物性乳酸菌でしょう。
栄養素が豊富でバランスがいいのが特徴ですが、他の微生物と共存せず単独で働き、食塩に弱い性質の乳酸菌です。

植物性は植物に由来しており栄養素こそ豊富ではありませんが、バランスが悪い状態でも生きて行けるという特徴を持っています。
また他の微生物との共存も可能で、塩分が高くても生息できるという性質の乳酸菌です。

動物性の乳酸菌が豊富というとチーズやヨーグルトなどがぱっと思い浮かびますが、植物性が豊富というとどんな食べ物なのか?わからないという人も多いでしょう。
実は日本人が古くから食べてきた漬け物、味噌などに豊富に含まれているのです。
そう、発酵食品類に多く含まれているため、日本人は昔から植物性乳酸菌を多く摂取してきたと言えます。

大きな相違点として動物性は胃酸に弱く、植物性は胃酸に強いという事が挙げられます。
植物性は胃酸に強いのですから、食事の際に食べても負けずに腸に届きます。
動物性は胃酸に弱いので「食後に頂く」というのが理にかなっています。
動物性は栄養バランスがいいという特徴を持っていますので、両方をバランスよくいいタイミングで摂取するという事が望ましいのです。
おすすめの乳酸菌のサプリメントについても参考にご覧ください。