*ウイルス対策

ビフィズス菌と乳酸菌の関係

ビフィズス菌と乳酸菌、いずれも善玉菌の仲間で、腸内でいい働きをすることで知られています。
ただ全く同じような働きをするのではなく、ビフィズス菌と乳酸菌は相違点があるのです。

腸内には善玉菌と悪玉菌、日和見菌が棲息しています。
善玉菌の仲間として乳酸菌とビフィズス菌があります。
分類学的にはこの二つの菌類は性質が異なっています。
大人の腸内の善玉菌の99.9%がビフィズス菌で、他の乳酸菌については、「ビフィズス菌の働きを助ける」役割を持っています。
逆に言えば乳酸菌が多くなることでビフィズス菌が増加し、悪玉菌よりも優位に立てるという事です。

乳酸菌は胃酸にやや弱く人、動物、植物など自然界に幅広く存在しており乳酸を作り出します。
働きとしてはビフィズス菌のサポート、暮らしやすい環境を作るという働きです。
ビフィズス菌は胃酸に弱く、「人や動物の腸内」に棲息し、乳酸、酢酸、葉酸、ビタミンB群を作ります。
働きは便秘や下痢を予防し免疫力をアップさせる、腸内環境を整えるなどの働きを持っています。

乳酸菌とビフィズス菌は善玉菌の中でも、同じような菌という事ではなく、それぞれに働きを持ち、体内で有用な働きをしている菌類、という事がわかります。
ビフィズス菌、乳酸菌がそれぞれ腸内にあるからこそ、腸内環境が整うということです。